マルジャンへ2人で挑むぞ

ねー、馬鹿姉貴。「ぷい」あ、露骨無視、母様へチクっちゃお。「バカと言う方が馬鹿なんだぞ。ふむ、私天才ね」どうでも良ーよ。

マルジャンやろ。「話聞けよ...何それ?」知らにーわけ?ダサッ。無知が許される=小学生までさ。お姉ちゃん、もう高校生やぜ。「寝る」あーごめん、怒らんでちょ。

「意地悪する妹は嫌い」大丈夫これも愛さ。MY SITERへのLOVE。「はぁ...で、マルジャンを教えろ」うん、麻雀ゲームサイトよ。流行のオンラインゲーム。

「有料でしょ、どうせ」まぁ...お金掛かるけど、そりゃ有料ゲームは仕方ありません。

「中学生が生意気言うな。マルジャン?駄目。高校生になってからやれ!母さんも絶対反対」え、OKとの答え。

「嘘?ギャンブル嫌いのはずが...嘘」本当、ちゃんとお小遣いから出すならっつー条件付き。「ふーむ、マルジャンへの熱意、確かね」勿論!だから姉妹で頑張ろ。

「自分も同列?嫌よ麻雀未経験だし、お金あんまり...」大丈夫、私がちゃーんとレクチャー、レッスン!「はぁ、別段興味が...」